不動産取引の「契約書」を読み解く|その①|株式会社福maru不動産


皆様、こんにちは<(_ _)>

那覇市の不動産屋さん 福maru不動産です!


今回から、不動産取引の中で最も重要な「契約書」の

条項文について、3回に分けて解説していきます(^^)/


普段の生活では絶対使わない漢字や、難しい日本語がつらつらと・・・。

思わず目を逸らしたくなる文章に見えますが(><;)


トラブル防止のためにも、しっかり意味を理解して契約を締結しましょう!

※本記事では、全日不動産協会が提供する書面を参照して解説していきます。

 

第1条(売買の目的物および売買代金)

売主は、買主に対し、表記土地(以下「本物件」といいます。)を表記売買代金(以下「売買代金」といいます。)で売渡し、買主は、これを買受けました。


 難易度★☆☆

 契約書上では、「売却」や「購入」の文言を使用しません。


 「行為」を表現するので、売主さんから買主さんに「売渡す」、

 買主さんはそれを「買受ける」という文章になります。



 

第2条(手付金)

1. 買主は、売主に対し、表記手付金(以下「手付金」といいます。)を本契約締結と同時  

  に支払います。

2. 前項の手付金は、表記残代金(以下「残代金」といいます。)支払いのときに、売買代

  金の一部に無利息にて充当します。


 難易度★☆☆

 「手付金」は「頭金」とよぶ方もいらっしゃいます。

 手付金は、売買契約成立時に買主さんが売主さんに対して支払うお金です。


 売買代金の5%~10%が相場ですが、売主さんが不動産業者さんであれば

 手付金の上限額は、20%以内 と法律で決められています。



 

第3条(売買代金の支払いの時期、方法等)

買主は、売主に対し、売買代金として、表記内金(以下「内金」といいます。)、残代金を、表記各支払日までに現金または預金小切手をもって支払います。


 難易度★☆☆

 買主さんは、契約書内に記載している「支払日」までに、売主さんへ代金を支払います。

 契約前に、予め支払いのスケジュールを伝えておくと良いかもしれません。



 

第4条(売買対象面積)

売主、買主は、本物件の売買対象面積を表記面積とし、同面積が測量による面積と差異が生じた場合であっても、互いに異議を申し出ず、売買代金の変更、本契約の解除、損害賠償の請求その他何らの請求もしないものとします。


 難易度★☆☆

 対象となる不動産の面積についての記載です。

 この条項では、契約書に記載している面積で取引するので、測量した結果、記載面積と

 違った場合でも、このまま契約が成立します、という文言です。


 その為、自分がこれから取引する対象面積を確認し、事前に隣地との境界が

 おおよそでもどこになるのか、しっかり確認しておきましょう。



 

第5条(境界の明示)

売主は、買主に対し、表記残代金支払日までに、土地につき現地にて境界標を指示して境界を明示します。なお、境界標がないとき、売主は、買主に対し、その責任と負担において、新たに境界標を設置して境界を明示します。ただし、道路(私道を含みます。)部分と土地との境界については、境界標の設置を省略することができます。


 難易度★☆☆

 売主さんが、やっておくべき事項です。

 売主さんは、対象となる不動産を引き渡す日までに、境界標(隣地との境界ポイント)を

 明らかにしないといけません。元々境界標があれば問題ありませんが、何も無い場合は

 売主さん負担で、境界標を設置しなければいけません。



 

第6条(所有権の移転の時期)

本物件の所有権は、買主が売主に対して売買代金全額を支払い、売主がこれを受領した時に売主から買主に移転します。


 難易度★☆☆

 法令の制限内で自由にその所有物の使用、収益および処分をする権利を「所有権」といい

 この権利は、買主さんが売買代金を全て売主さんに支払って、売主さんがその代金を受領

 したら、所有権が移転されます。


 所有権の移転は、司法書士の先生が行います。所有権移転登記費用は、買主さん負担が

 一般的ですが、沖縄県では、売主さんと買主さんで折半することが多いです。



 

第7条(引渡し)

売主は、買主に対し、本物件を表記引渡日までに引渡します。


 難易度★☆☆

 売主さんは、買主さんに対象物件を、契約書記載の期日までに引渡しをします。

 引き渡す日は、契約前に十分に話合って決定しましょう。


 契約書記載の引渡日までに、引き渡しを行わなかった場合、契約に違反したとして

 違約金が発生する場合もありますので、注意が必要です。



 

いかがでしたでしょうか。

今回はここまでで、次回は第8条から第14条まで解説します(*'ω'*)

是非、お楽しみにお待ちくださいませ(^^)/


株式会社福maru不動産 |沖縄県全域対象

土地建物売買/資産活用/物件管理

事業用物件/リゾート物件/大型施設

--------------------------------------------------------------------

🏠不動産売買専門店|沖縄🌴

【 株式会社福maru不動産 】

免許番号:沖縄県知事(1)第4786

沖縄県那覇市前島3-25-2 泊ポートビル1F


TEL :098-917-2555

FAX :098-943-2088

MAIL :okinawa@fukumaru-estate.com


▼LINEビジネスアカウント

https://lin.ee/w3c2QCf


▼Facebookページ

https://www.facebook.com/fukumaruokinawa


▼Instagramページ

https://www.instagram.com/fukumaruestate/

--------------------------------------------------------------------


閲覧数:11回

最新記事

すべて表示